明治美術学会

近代画説

『近代画説 27』目次
  タイトル 稿     者
特集
【「奉祝」から「報国」の時代】
〔解題〕大衆が導くナショナリズム-奉祝の時代 児島 薫
立太子礼奉祝献上画に見る〈帝国〉のまなざし
         -中澤弘光の朝鮮半島取材旅行を中心に
小野 文子
美人画室再考-美人画家の評価と表現 中野 慎之
国会議事堂の意匠と装飾に見る〈日本〉 手塚 恵美子
『新日本百景版画』について 西山 純子
【公募論文】 公募論文の審査会結果について 佐藤 道信
佐久間文吾と博物図-洋画家、版下画家、そして画工として 牧野 由理
一九二〇年代の中華民国における「文人画」概念の受容と展開-批判対象から「国画」の理想へ  −東京芸術大学所蔵の資料を手がかりとして− 李 趙雪
【資料紹介】 朝鮮物産共進会「美術館」天井画下絵について
   [天井画下絵について」    児島薫
   [安藤東一郎、田中良 略歴]  手塚恵美子

研究発表〈要約〉 古賀春江の《涯しなき逃避》をめぐる一考察 髙橋 愛子
近代花鳥画史における渡辺省亭の位置-絵画表現を中心に 植田 彩芳子
高島北海とジャポニズム 鵜飼 敦子
小絲源太郎コレクションの大津絵 森谷 美保
河鍋暁斎筆《釈迦如来図》についての考察 宮崎 晴子
日本近代版画を支えた戦後の科学技術 森田 恒之
「やまとひめ」研究補遺-日本を表象する女神像の髪型と「みづら」 林 みちこ
昭憲皇太后入内と慶応末年・明治初年の絵師の御用について-京都府立京都学・歴彩館蔵『寿栄君御方女御御入内仮日記』をもとに 福田 道宏
編集後記 丹尾 安典
明治美術学会 会員業績録 2017年4月1日~2018年3月31日
※書誌情報※ 近代画説 23明治美術学会誌 2018
ISSN 1343-7445