明治美術学会

近代画説

『近代画説 25』目次
  タイトル 稿     者
特集
【近代の欧米における日本美術展】
〔解題〕近代の欧米における日本美術展 佐藤 道信
近代における西洋での日本美術展−〔イギリス〕 小野 文子
近代ドイツにおける日本美術展覧会 安松 みゆき
近代におけるフランスでの日本美術展−  一八六八一九四五:芸術性と政治性のはざまで 林 洋子
近代イタリアにおける日本美術展十九世紀から第二次大戦まで 石井 元章
近代におけるアメリカでの日本美術展 志邨 匠子
【公募論文】 論文審査会・査読結果報告 桑原 規子
日露戦争の美術−戦争画・従軍画家・美術国 向後 恵里子
臨時セメント美術教室
 −東京芸術大学所蔵の資料を手がかりとして−
坂口 瑛伸
【資料紹介】 所謂「ボストン・オリエンタリスト」写真の人物特定
−岡倉覚三が交流した在京欧米人
伊藤 泰雄
多色摺木版画雑誌『美術世界』(渡辺省亭・春陽堂) 新井 佐絵
研究発表〈要約〉 原田直次郎のミュンヘン留学−展覧会調査を通じて 吉岡 知子
長谷川三郎における三つの「写真」
 −戦前期の活動をめぐって
谷口 英理
佐伯祐三評価 土方定一と勝本清一郎 福田 衛
編集後記 丹尾 安典
明治美術学会 会員業績録 2016年4月1日~2017年3月31日
※書誌情報※ 近代画説 23明治美術学会誌 2017
ISSN 1343-7445